コミュニケーション能力

oioni (5)コミュニケーション能力というものがあります。
一番聞く機会が多いのは就職活動中ではないかと思います。
人材に対しては企業側はコミュニケーション能力が高いことを求めています。
コミュニケーション能力が高い人を企業側は欲しがっているということです。

コミュニケーション能力は他人とのコミュニケーションをいかに取れるかということです。
頭ではこの言葉の意味を理解していると思いますが、具体的にはどのような人がコミュニケーション能力が高いと言えるのでしょうか。

コミュニケーション能力はひとつのことに限ったように捉えがちになってしまいますが、企業からしてみればそれぞれ違います。
ある企業ではホウレンソウがしっかりとしていればクリアという場合もあります。
仕事上で必要だと言われている報告連絡、相談がしっかりと出来ているかいないかということです。
仕事では自己判断だけですべてが進んでいるわけではありません。
社員同士のコミュニケーションが重要であり、仕事も飛躍的に効率がアップします。
また周りの空気がわかるということもコミュニケーション能力のひとつとされています。

少し前に空気を読めないことをKYと言っていました。
その場の空気に合わないことを言ってしまい、盛り上がっていたのに下げてしまった人がいると思います。
周囲の空気を読むということは会社内だけで必要なことではありません。
人付き合いにおいても重要な能力になってきます。

コミュニケーションでは相手に伝えるということを行いますが、表現方法によっては全く想像もしていなかったことになってしまう場合もあります。
企業によっては相手へただ伝えるだけでなく、表現力も豊かな人を、コミュニケーション能力の高い人だと評価する場合があります。

相手に共感してみる

話すことが上手な人は聞き上手でもあると言われています。
聞き上手の人は、相手が話しやすいようにしてくれますから、相手もたくさんの話題が出ます。話を無理に振ることがなくても、会話が盛り上がります。

聞き上手の人は相手の話すことに共感する特徴があります。
相手から共感されると人はいろいろな話をしようとします。
自然なかたちで会話が盛り上がるわけです。

しかし、共感というのはなかなかできることではありません。
相手の話を聞いていてい、何が重要な事あのか理解できていないと共感できません。
伝えたいことが理解できなければ、良い会話にはなりません。
相手の話をしっかりと聞いて、共感してもらいたいであろうと思うポイントを見つけましょう。

もし、相手が「休みに○○に泊まりに行ってきた」といった場合、どこがポイントになるでしょうか。
話題となるのは行った場所と、泊まりに行ったということになります。
行き先を強調しているのであれば、相手は「○○に行ってきた」とだけ話すと思います。
泊まったことは後付けでも問題ないわけです。
相手からしてみると「○○へ泊まりに行った」ということを行っているので、強調したいのは泊まりに行ったということです。
泊まりに行ったことを強調したいのであれば、そのあとの会話は宿泊先のホテルやホテルのサービスなどが話題に上がってくると推測できます。

となると、聞き手である方は、「どんなホテルだった?」等の質問がふさわしいということになります。
泊まったことを無視して、何をしたのか、ショッピングはしたのか、というような質問では話が噛み合わなくなってしまいます。